沖縄☆焼き物

沖縄の焼き物

沖縄の焼き物

  スポンサードリンク
 
  HOME>沖縄の焼き物
 
                 

                 沖縄の焼き物

 
 
     沖縄焼き物で思い浮かぶのはシーサーや抱瓶です。
     土産物店でよく見かけますよね。
 
     沖縄の焼き物は、「やちむん」と呼ばれ、「やちむん」といえば
     壺屋焼きです。
 
     壺屋というのは地名で、那覇市牧志のちょっと南です。
     昔、各地の陶工をこの地に集めたのが
     壺屋焼きのはじめだそうですが、
     琉球王国時代、壺屋焼きは幕府への献上品として
     貴重な産物だったそうです。
 
     現在は環境問題などから、多くの窯が郊外の、読谷へ
     移転しています。
 
     壺屋焼きには、釉薬をかけた「上焼き」と釉薬をかけない
     「荒焼き」があります。
 
     荒焼きは、屋根瓦・水がめ・酒がめなど日常必需品に多く、
     特に屋根瓦は、琉球王国時代の建造物に欠かせないもので、
     需要は大きかったそうです
 
     上焼きは、花瓶・壺など芸術的なものが多く、人間国宝の
     金城次郎さんを代表として多くの芸術家がいます。
 
     戦後、壺屋の職人は、収容所からいち早く解放され、
     そして、壺屋焼きから戦後復興が始まったといわれています。

     ちなみに、屋根の上や玄関に置かれるシーサーには、
     上焼きも荒焼きもありますが、
     屋根の上のものは、家を新築する際に屋根の漆喰職人が、
     仕事終わりに家主にプレゼントするもので、
     漆喰製だそうです。
 
     シーサーの始まりは、昔、大火災が続いたときに、
     火伏せの願いを込めて、風水の思想も取り入れて、
     石製で作られたものだそうです。
 
     また、沖縄の焼き物の中でも異色の、抱瓶(だちびん)は
     みやげ物店でも良く見かけますが、
     これは、携帯用の酒瓶で、琉球王朝時代、
     王府の高官や地方の有力者が、
     山を巡回したりするときに携帯したものだそうです。
 
     ちょっと粋な感じですが、庶民には縁遠いものだったようです。
 
 
 
 
壺屋焼き
シーサー
抱瓶
 ◆沖縄の風に吹かれて〜TOP
 ◆沖縄の祭り
 ◆沖縄の焼き物
 ◆沖縄の織物
 ◆沖縄の伝統芸能
 ◆沖縄民謡
 ◆沖縄のポップス
 ◆沖縄料理
 ◆沖縄方言
 ◆沖縄の観光
 ◆沖縄の交通事情
 ◆沖縄の離島
 
 ◆プロフィール
 ◆リンクについて
 
 
   ◆リンク集1(沖縄)
   ◆リンク集2(沖縄)
   ◆リンク集3(地域情報&趣味)
   ◆リンク集4(地域情報&趣味)
   ◆リンク集5(地域情報&趣味)
   ◆リンク集6(地域情報&趣味)
   ◆リンク集7(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集8(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集9(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集10(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集11(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集12(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集13(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集14(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集15(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集16(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集17(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集18(趣味&お役立ち)
   
  スポンサードリンク
Copyriht(C)沖縄の風に吹かれて All Rights Reserved