沖縄☆料理

沖 縄 料 理

沖縄料理

  スポンサードリンク
 
  HOME>沖縄料理
 
      

                 沖縄料理

 
     沖縄料理を食べたことがありますか?
     沖縄料理は長寿県沖縄を作った立役者です。
 
     沖縄料理には豚肉を中心にした良質のたんぱく質、
     太陽の恵みであるビタミン・ミネラル豊富な野菜・海草
     などがバランスよく使われていて、
     栄養学的にもパーフェクトといわれています。
 
     しかし、戦後、アメリカの食文化が入り、そのバランスが
     崩れてきています。        
     特に、男性の平均寿命は、日本の平均以下にまで
     低下してしまいました。
 
     沖縄料理を見直さなければなりません。
 
     ここでは、沖縄料理の、調理方法の代表的なものを
     紹介します。
 
     【チャンプルー】
     チャンプルーとは、インドネシア語でまぜこぜにするという
     意味だそうですが、代表的な調理方法です。
     チャンプルーは、豚肉・野菜・豆腐などの炒め物ですが、
     豆腐が必ず入ります。
     ソーミンチャンプルーは、豆腐が入りませんので、
     厳密に言うとチャンプルーではないのですが、
     沖縄の人は、いい意味でテーゲーなので
     チャンプルーといっているのでしょう。
     ゴーヤーチャンプルーは最もポピュラーですよね。
  
     【イリチー】
     イリチーとは炒め煮のことです。
     お袋の味の代表格、クーブイリチーは、
     豚三枚肉を長時間ゆで小さくきって、
     水でもどして千切りにした昆布・しいたけと、
     後はこんにゃく・かまぼこなど各家々で違いがありますが、
     それらの材料を炒め、豚の茹で汁と調味料で
     煮るのです。
     味のしみこんだクーブイリチーは最高です。
   
     【ンブシ】
     ンブシは、代表的な煮物料理です。
     野菜・豆腐・豚肉などの味噌煮込みです。
     本土では料理には使われない、ヘチマ(ナーべーラー)
     を使った、ナーベーラーンブシは、ご飯にピッタリ合います。
     「ン」から始まる言葉があるのもちょっとビックリですよね。
     沖縄では、しりとりもエンドレスかも……。
 
     【ジューシー】
     ジューシーは、雑炊の方言です。
     炊き込みご飯的な「クファジューシー」と、雑炊的な
     「ヤファラジューシー」があります。
     クファジューシーはお祝いや行事に欠かせない料理です。
     ヤファラジューシーでは「フーチバー(よもぎ)ジューシー」が
     有名です。
 
     【サーターアンダーギー】
     サーターは砂糖、アンダーは油、アギーは揚げるという意味。
     砂糖てんぷらです。ドーナッツのように揚げ、
     表面が割れて花のように開くのが基本。
     サーターアンダーギーは、お菓子の王様です。
 
 
 
 
       
 ゴーヤーチャンプルー
 クーブイリチー
ナーべーラーンブシ
 ◆沖縄の風に吹かれて〜TOP
 ◆沖縄の祭り
 ◆沖縄の焼き物
 ◆沖縄の織物
 ◆沖縄の伝統芸能
 ◆沖縄民謡
 ◆沖縄のポップス
 ◆沖縄料理
 ◆沖縄方言
 ◆沖縄の観光
 ◆沖縄の交通事情
 ◆沖縄の離島
 
 ◆プロフィール
 ◆リンクについて
 
   ◆リンク集1(沖縄)
   ◆リンク集2(沖縄)
   ◆リンク集3(地域情報&趣味)
   ◆リンク集4(地域情報&趣味)
   ◆リンク集5(地域情報&趣味)
   ◆リンク集6(地域情報&趣味)
   ◆リンク集7(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集8(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集9(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集10(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集11(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集12(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集13(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集14(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集15(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集16(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集17(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集18(趣味&お役立ち)
 
  スポンサードリンク
Copyriht(C)沖縄の風に吹かれて All Rights Reserved