沖縄☆方言

沖 縄 方 言

沖縄方言

  スポンサードリンク
   
 
  HOME>沖縄方言
 
 
                  沖縄方言 
 
      日本各地の方言の中でも沖縄方言は異質。
 
      外国語ではないかと思えるほどわかりにくいのですが、
      平安時代あたりの言葉から今の沖縄方言が発達したそうです。
 
      首里の言葉と那覇の言葉にも違いがあるといわれるほど、
      地域によって違いのある言葉です。
 
      今では、首里も那覇市なんですけどね。   
      ですから、本島・奄美・宮古・八重山と、同じ沖縄方言といっても
      ずいぶん違いがあるようです。
 
      沖縄方言は、過去に何度か日本政府から使用を禁止された
      時期があります。
 
      方言を使うと、方言札というものを首から下げさせられ
      次に方言を使った人が出るまで
      それをずっと下げていなければならないというようなことが
      学校などであったそうです。
 
      また、今の若者はメディアが普及した影響からか、
      ほとんど共通語で話すし、親も祖父母も正しい沖縄方言は
      しゃべれないという状況なのだそうです。
 
      正しい沖縄方言は、沖縄芝居などの古典芸能の世界にのみ
      残されているという状況なのです。
 
      特徴的な沖縄方言を少し紹介しましょう
 
 
      【ハイサイ/ハイタイ】
      英語のHELLOのニュアンスです。気楽に「やあ」とかいう意味です。
 
      沖縄方言には、男性語と女性語があって、ハイサイは男性、
      女性はハイタイと言います。他にも、「またね」なんて言うときも
      男性は「マタヤーサイ」と言い、女性は「マタヤータイ」と言います。
 
      喜納昌吉の「ハイサイおじさん」でこの言葉は有名になりました。
 
 
      【クァッチーサビラ・ウニゲーサビラなどの「サビラ」】
      クァッチーサビラは「ごちそうさまです」、「ウニゲーサビラ」は
      「お願いします」という意味ですが、語尾に「サビラ」がつくのは
      古語の「はべる」という語から来ているそうです。
 
      同じように、「メンソーレ」は、いらっしゃいませという意味ですが、
      「参りそうらへ」からきているそうです。
 
 
      【チバリヨー】
      高校野球で沖縄の高校が出場すると、アルプススタンドに
      「チバリヨー〇〇高校球児」なんて横断幕が目に付きますが、
      チバリヨーは「気張れよ」が変化した言葉です。
 
      頑張れよということですね。「チバラヤー」というと「頑張ろうな」
      という感じで自分も含めて頑張ろうという意味になり
      「チバリヨー」だと他の人たちに呼びかける言葉になります。
 
 
 
 
方言札
 ◆沖縄の風に吹かれて〜TOP
 ◆沖縄の祭り
 ◆沖縄の焼き物
 ◆沖縄の織物
 ◆沖縄の伝統芸能
 ◆沖縄民謡
 ◆沖縄のポップス
 ◆沖縄料理
 ◆沖縄方言
 ◆沖縄の観光
 ◆沖縄の交通事情
 ◆沖縄の離島
 
 ◆プロフィール
 ◆リンクについて
 
   ◆リンク集1(沖縄)
   ◆リンク集2(沖縄)
   ◆リンク集3(地域情報&趣味)
   ◆リンク集4(地域情報&趣味)
   ◆リンク集5(地域情報&趣味)
   ◆リンク集6(地域情報&趣味)
   ◆リンク集7(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集8(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集9(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集10(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集11(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集12(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集13(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集14(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集15(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集16(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集17(趣味&お役立ち)
   ◆リンク集18(趣味&お役立ち)
  スポンサードリンク
Copyriht(C)沖縄の風に吹かれて All Rights Reserved